2016年02月22日

哲学

自メモ>手探り思考> 
我が脳ミソはどうも哲学志向(嗜好か?)というものに支配されている様なのだ
が、その哲学とは「言葉で分かりやすく伝えられる、人への普遍的メッセージで、
それを受け取った人の自発的志向や行動に作用し、その人や、ひいては社会を幸
せにする事のできるもの」と言える ?
(2016/2/22 Twitter)
posted by コンカレイド at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月27日

改革、改善 という事について

世の中の改革、改善と言われるものを見ると

旗印として「改革、改善に見える」ものは多いが
実態は「改変」にしかなっていない、
つまりは本当に長い目でみて「善」に働くのか疑問、
というものがほとんどのように見える。

また、本当の改革をしようとすると
その道のりが困難でなかなか実現しないと思われる
ものも多い。

しかし、一つだけ言えるのは
改革、改善を求め続けない限り
それは決して実現されないという事である。

決して諦めてはいけない。
継続は力なり。
posted by コンカレイド at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月21日

市民税、県民税、国民健康保険 支払

6月半ばに、市民税+県民税の
昨日、国民健康保険の請求がきて
それぞれ、13万弱、38万強
併せて52万弱という額であった。

結構な額である。

税金は4回、健康保険は10回と
分割して支払う事もできるが
手間が面倒であり、
払い忘れというのもイヤであるので、
毎年一括で支払う。

そうして、支払は必ず市役所の支所で、
という事に決めている。

多額のお金を受け取っている仕事なのだ
という自覚を促す目的である。
果たしてどれだけ効果があるかはまぁ
我ながら疑問ではあるが…。

本日も自宅に一番近くの支所で支払。
窓口に女性2名、奥に男性3名。
特に仕事がありそうもなく、待機の風情。

もっと仕事しろよといいたくなる。

人員配置は、一番忙しい時を見越して
という事なのかも知れないが
もっと負荷のバランスを考えて欲しいもの。

今回の支払の受取などは、市民サービスとも言い難く、
こちらとしては何かサービスを受けている気分もなし、

健康保険にしたところが、
支払った額と受けたサービスを対比すれば
なんだかソンしているような気分にもなる。

健康保険は
あまり健康に恵まれてない人も含めての支え合いでもあり、
また、道路や学校などの運営・維持も税金によるので
支所の窓口だけが閑そうな事をみての批判は
まあどんなものかという気もするのではあるけれど

それにしてももっとやり方はあるだろうと
毎回、職業柄思うわけである。
(経営コンサルタントでございます。(^^))
posted by コンカレイド at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月24日

自分らしさ

若い人は、自分らしさをさかんに意識する

それは当然の事だ。

しかし、現代は何でもありなので
逆に自分らしさが見えにくい。

自分らしさは制約があった方が見えやすいのだが
若い人は無意識に制約を嫌う
そこで自分らしさが何かが見えにくくなる

判りやすいところで言えば
学校の科目。
この科目って「枠」があるから
自分の得意・不得意がわかりやすい。

ちなみに
得意もないが不得意もない
というのも
自分らしさだったりするのだが

それはなかなか そうは捉えられないものだろう。

また、不得意・苦手も「自分らしさ」
の一環なのだけど、
若い内はそんなことは認めたくないかもしれない。

自分らしさをどう見るか、どう出すか は
人生をどう考えるかという事と密接に関係あるのだが

ここで言った事などを題材にしての
「哲学」の時間を中学校くらいで設けてやる
という事が

現代の世の中では必要ではないか
と、そんな気がする。
posted by コンカレイド at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月23日

決まり事、しきたり

昔は社会的な決まり事が沢山あった

家柄、しきたり、年中行事…

封建制度の息苦しさもそこにはあり
低層からはい上がれない、はい上がりにくい
という事もあった。


現代はなんでも、ほぼ自由である。
(金さえ有れば、という側面も無いではないが…)

しかし、一方で伝統の良さは廃れる傾向にある
それは残念な事のように思う。
決まり事ならではの楽しさもあり安定感もある

毎年同じようにやってくるという事が
期待感を作る、生活にリズムを作る
ということもある。

決まり事には「判断停止」という側面もあるが
なんでもありというのは逆に判断不能(比較不能)
という事もあるように思う。

長い目で見たときにある程度の決まり事がないと
社会の安定、個人の幸福にはよくない

そんな気がする。

では、何を残し、何を変えていくのか
その工夫が大切であると思う。

そのあたりの基本的ルールについては
またいつか考えてみたい。
posted by コンカレイド at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月03日

ボトルネック

ボトルネック、文字通り 瓶の首 ということですが
そこだけ細くなっているという事に関連付けて

一連の作業(や工程)があるときに
ある特定の作業部分だけ 「細くなって」いて、
つまり、処理が滞ってしまっている
という事を意味することがあります。


昨日、神戸で勉強会があり、
お昼に近くのうどん屋さんで食事をしたのですが、長蛇の列で、

でもそこはさすが ジャパニーズファーストフード、
まあそれなりに列が短くなるので、
皆で行ったという面もあり、一応ガマンして列で待ってはいましたが

ふと気づくと、店内の座席は3割くらいが空きとなっていました。

つまり、もっとキチンと行列を捌けば
店内にもっとお客を呼び込めるということ。

どこがボトルネックかと思ってみていたら
レジ(計算)のところでした。

レジを2つに増やせばボトルネックは解消し、
満席までにならなくても(つまり3割の空きが全部埋まらないとしても)
お昼の売上は少なくとも2割はアップすると思われました。

列に並んでから席に座るまで約15分。
食べるのはほんの3分くらいです。


さて、私の注文は
かまたま明太子のせ(温めん、です) だったのですが

うどんを渡されてレジまでの時間がながかったので
(といっても2〜3分くらいだけど)
たま(玉子) の ねっとりうどんにからんだのが ウリ のかまたまなのに
うどんの余熱ですっかりゆで卵状態。
せっかくの かまたまの ウリ を台無しにしていました。

こういうのをみると
店長やら経営者やらの目配りの悪さをおもわざるを得ません。

経営コンサルタントという職業柄ついつい
頼まれもしないのにこういう検討をしてしまうわけですが

経営はほんのちょっとした目配りで
大きな結果の違いを生むこともある
ということのいい例だろうと思いました。

−by くろヒゲ−
posted by コンカレイド at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月08日

ホームページの使い方についてのご相談

Image195.jpgあるお店に伺っています。
posted by コンカレイド at 12:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月19日

試し

??.jpg支援先にて、
電子メールによるブログの即時更新の実験
をしてみました。

iPhoneから送信です。
posted by コンカレイド at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月26日

金は天下の回りもの

「金は天下の回りもの」

広辞苑によると、

『金銭は一人の所にとどまってはいない。貧富は固定したものではない。
「金は天下の回り持ち」とも。』

とある。

個人的には、
お金は使ってもいつか返ってくる。
使いどころを間違えるな。
と理解していた。

具体的にいうと、
友達付き合いにゼニ惜しみをするな。
勉強の投資に金を惜しむな。
というような理解をしていた。

さて、今日、ふと思ったのだが、

我々の貯金。
これは表向きは回ってないが、
銀行などに預けているとそれが投資資金に使われて
実は「天下の回りもの」としての役割を果たしていた。

それが、昨今、「投資先」とやらにこまり

(つまりは、簡単にゼニもうけができそうな
 投資先という「夢の存在(?)」がなくなり、
 夢の替わりに必要な知恵もなく…)

金が回らなくなったのがこの不況のようである。

いま民主党のいっている「個人に金を回す」というのは、
投資で回らないのなら「個人消費」という形で回すなら
経済はもっと好転するという事だろう。

そんなに簡単なモノなのか、とはちと思うが
理屈の上からは合っているようにも思う。

今話題の鳩山首相家の金の回り方からすればまことに知れたものだが
自分の日々の暮らしからみればそれなりにまとまった額ではある、
親の残してくれたものに接して、そう思った次第ではある。

質素を生き様としていたのはわかるが
もっと自分のために使ってくれればよかったのに…。
posted by コンカレイド at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月02日

感動の対価

感動の対価という事を考えた
これはサービス業の原点という意味としてである。

まず、例を挙げてみる

大道芸人がなにか芸をしていたとする。

つまらない芸にはお金を払おうとはおもわないが
自分が感動すれば、
お金を払いたいという気持ち
は自発的に心に内発し、内包されるように思う。

だからそこで芸人が帽子でも差し出せば
それに触発されて包まれていた自分の心の包みがほどけ
帽子にコインなり札なりを投げ入れることになる。

そこには、相手の芸と相手を認める事と、
相手を認めている自分(認める能力のある満足感を含めて)
を認める事

また
相手への評価として対価を投じる事によって
自分の感動の再確認をする事
が含まれているように思う。

ひろく考えると
「サービス」が有価であり得ること
つまり、サービス業で食えるという事
はここに原点があるのではないかと思う。
posted by コンカレイド at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月12日

わかっちゃいるけどヤメラレナイ

ビジネスの成功・不成功は、長い目でみると、

わかっている事を「やれるか、ヤメラレルカ」
正しく実行できるかどうかできまるように思います。

無論、即断・即決での話もさることながら
徐々にでも、そうできるかどうかどうか、それがキーです。

政治の世界では、それ以前に
「わかっちゃないなぁ…」と言いたくなることが横行していますが、
これは国民の側を何をすべきか「わかっちゃないなぁ」
ということのようでもあります。

そうしてみると、一面単純ではありますが
PDCAというマネジメントサイクルこれがうまく回せるかどうか
これで将来がかなり変わってくると言えるという事でしょう。
posted by コンカレイド at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月22日

強さという事の魅力

場所前は引退も心配された朝青龍がついに12連勝。

「攻め」の姿勢・意欲が際だっているように見えます。
なかなかこうは強くなれない。

いろいろと言われ、まあそれなりに改めるべきことも多い横綱ですが、
「強い」という事はやはり魅力です。

同種の強さである必要はないと考えますが
私も「強さ」という事を改めて見つめ直してみたい
と思います。
posted by コンカレイド at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月14日

良いものを安く

「良いものを安く」という概念は
日本では当たり前のように受け入れられている
ように思われます。

ただ、どうもこれは間違いではないのかと、
最近の貧富の格差の二極化を見るにつけても
思うようになりました。

良いものを安く売るというのは売りやすい。
買う側もありがたい。

ただ、売る側からすると
良いものを作る努力を安売りしすぎている可能性がある。

良いものを安く売っている間は
本当の豊かさは得られないのではないでしょうか。

昔は、といってもそれほどの昔ではありませんが
「いいものは高い」という考えの方がむしろ一般的
ではなかったかと思います。

本当に良いものを手に入れて、それを大切に使う
そうして、修理が必要になったら修理をして長く使う。
良いものでなければ長く使えない。

という考え方ですでした。

和服、漆器、家具、家などもそうでしょう。



「良いものを安く」という事で
本当に良いものも安く売らないと売れなくなって
日本の伝統工芸はずいぶんと廃れてきたのではないでしょうか。

伝統工芸は、基本的に職人さんの手作業です。
この人たちの生活がなりゆかなくなってしまった。
それが最近の経済格差の一因でもあるのではないか。

現代では
マスプロダクションによって、ある程度の品質のものが
安く効率的に作れるようになり、
今後ますます物を作るのに人は要らなくなってきます。

つまり、人でしかできない作業を増やさない限り
失業者は増えるのではないか。

「ロボット」の登場は西洋では歓迎されないイメージであったのは
人の職を奪うという側面に目がいっていたからですが、
それがここへ来て無視できない側面となってきている。

修理はきわめて人間的な作業です。
個々の状況に応じた対応が必要であり、熟練が要る。
職人さんへの敬意が自然に出てくるし、
バラエティのある職が用意できることで
個々人の興味の違いにも多様な選択肢が用意できる
と思います。



無論、「安かろう悪かろう」では困ります。

「安くても良い物」をつくるということは
日本の工業の強みということでこれからも維持しなくてはならない。

しかし、それと対をなす物として
「良い物は高い」という価値感を
もっともっと大切にする必要があります。

今の日本では、「高いから良い物だろう」という考えは
未だに心のどこかにあるようで、
これがゆえに却ってだまされたりもします。

「良い物は高い」というのは表現が逆なだけのようですが
頭の使い方では「高いから良い物だろう」というのとは
天地ほどのひらきがあります。
どこまで高く買ってもいいのかという判断には
ある種、「芸術品、骨董品のめきき」の能力知識が必要なのであり、
高い文化性が問われると言ってもいい。

買う側は「良い物を安く」買う意識を捨てる必要はありません。

しかし、売る側は、また国民としての文化的価値観としては
「良い物は高い」という事をもっと大事にする必要がある。

そう思います。
posted by コンカレイド at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月11日

1 2 3

ビジネスにせよ何にせよ、企画や記事など
自分なりのものを作るという作業が必要になる事も多い。

そんなときに、
良いものにしたいという気持ちは自然にでてくるもので
つい、それが故に着手までにあれこれ思い悩んだり
一旦手につけたものの何度も見直したりという事になりがちだ。

一方で、
とにもかくにも片づけろという気持ちでやっつけると
とかく「雑な仕上がり」になってしまう危険がある。

そんな時に、3段階での完成を意識すると収まりがよい。
最初から3段階での完成という事に決めてしまえば
完成までの計画も立てやすくなるし、最初の着手に力が入りすぎない。
また、枠組みが決まることで、1回毎の検討・制作に集中力も増す。

3という数字には、不思議な事ではあるが
石の上にも3年とか、三顧の礼とか、孟母三遷とか
人間にとって収まりをつける良いリズムが含まれているようだ。

ホップ・ステップ・ジャンプ という三段跳びも
この「3」による収まりと思われる。

企画も仕事も123のリズムで
ホップ・ステップ・ジャンプと行きたいところだ。
posted by コンカレイド at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

こころの段取り

いくつかの同じ様な処理を連続しておこなう必要があるとき

期限までの日にちの時間のゆとりのある時に
ある程度まとめて処理をしようとする場合と

期限までの日取りで毎日実施すべく
細切れの分量を毎日処理する場合があって、

これは多分に担当者の好みの問題もあるけれど

製造業の生産計画のように「段取り」の問題もある
と思われる。

「段取り」といっても本当に物理的な準備もあれば
「心の準備(心の段取り)」というものもある。

細切れの処理した方が着実性はあると思うし
心理的な負担も少ないはずだが
「心のの段取り」に時間のかかる人にはやりずらい方式
となる。

製造の合理化でも大きな課題の一つだけど
段取りの合理化をどうするかというのが課題になるだろう。
必要になる段取りの中身を整理してみて対策を考える
そういうアプローチをとることで苦手意識を払拭できる。
posted by コンカレイド at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月07日

原油価格の値下がりとバイオ燃料

原油価格の値下がりとバイオ燃料

小売価格も昨年の4月頃に150円前後で
夏には190円を超える地域もあったようですが
当地でも170円を超える値段であったように思います。

今は、安い所で98円の値札かな。
プリペイドカードで払うと3円引きなので
実質95円です。

原油価格は、ピーク時に1バレル150ドル近くだったのか
いまはその1/3だそうです。(50ドルを割っている)

おかげで燃料サーチャージが下がり
ハワイ行き往復で1万5千円、欧州往復で2万2千円
のダウンだとか。


それもさることながら、私の関心は
バイオ燃料の行方です。

原油高騰に伴い、バイオ燃料が採算に合うようになり
そのあおりをくらって、日本向けの大豆や小麦が減少
ということだったようですが、

さすがにこれくらい原油が安くなると
バイオ燃料より石油の方が安いはず。

この問題に対するマスコミの反応は鈍いですが
早くどっかレポートしてくれないものか
と思う次第です。

作付け時期や収穫期の関係で
まだ効果はすぐには出ないかもしれないけれど
大豆、小麦などの供給量には1年以内には余裕がでてくると思います。

畜産飼料の高騰で国内の畜産農家に影響がでて
バター不足になったりという問題がありましたが
これも緩和の方向が出てくるだろうと考えています。
posted by コンカレイド at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月05日

盗難携帯の利用制限

今朝のニュースで、

docomo、ソフトバンクの携帯が大量に盗まれて
オークションに出品されたり
犯罪に使われたりすることを防ぐために

通話用のカードを差し替えても電話機が使えないようにする

と言ってました。


なぜすぐにでもしなかったのかな…。
技術的に対応可能なことはすぐに判断できるのに。

盗まれた機体番号を登録して
そこからの通信を使えないようにする
ための ソフトウェアの開発も
それほど難しいようにも思えないのだが。

盗みの被害はショップあるいは、
携帯を製造しているメーカーの被害なので
キャリア側としては痛みを感じていなかった
からなのかもしれない。
あるいは、盗難と盗品悪用の事実を認識してなかったのか。

社会的役割・責任としてはすぐにでも対応すべき
だった事 のように思うので、
こういうタイムラグを聞くのは残念だ。

でも、
盗難から発生する機体の悪用を防ぎたい
と発想する人と、
対策を実際に打つ組織とが違うだろうから
なかなか難しいのだろうとも想う。

こういう社会的仕組みの提言と実現が
Webの仕組みを使って議論・実行できるようになると
いいと思うのだが…。
posted by コンカレイド at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2009年が皆様にとりましてよい年になりますよう
心より祈念しております。


コンサルタントという仕事は「気づき」があってナンボ
というところがありますが、
何に気がつくかというと、まずは自らの至らなさ
という事になります。
(また、そうでなくてはならないとも思います。)

そうは言っても
「至らない人間」がコンサルをするのか? 
という事になったのでは
コンサルタントの心の持ちようとしてはよろしくない。

会社の経営も同じですが、
自らの今の姿に自信を持ちつつ、
至らないところはいち早く修正をする。

この姿勢で今年もがんばっていきたいと考えています。

本年もよろしくお願い申し上げます。
posted by コンカレイド at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月26日

病院での宣伝ディスプレイ

CIMG7183.jpgCIMG7185.jpg病院の待合室にこんな宣伝のディスプレイがありました。

支払いのために待っている人向けです。

概ね7〜8秒に1回切り替わるという間隔でしょうか。

クイズの質問がでて、次に2回ほど宣伝が出て
クイズの答が出て、また2つほど宣伝がでて
という感じです。

このディスプレイへの広告募集の広告も出ていました。

ほとんどの人は見て無いような気がしました。
また、見せている間隔が少し短いかもしれない。
あれっと思っても
電話番号などの情報を控える時間がない。

一方で、一つの広告に長い時間を割くと
目先が変わらないのであきるし、
また、沢山の広告が集められない。

なかなか微妙なバランスが必要じゃないかと思います。

どのくらい宣伝効果があるのか、知りたいものです。
posted by コンカレイド at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月21日

高校駅伝とマネジメント

今年の高校駅伝は、1区での外国人選手の起用ができなくなり
男女ともに見所の多い接戦が展開されたようにおもいます。

こういうちょっとしたルールの変更で、
ガラっと様相が変わることがあるのを
マネジメントにたずさわっている人間はしっかりと認識
しておく必要があると思いました。

ほんのちょっとしたことで
こういうイベントも会社の運営も改善できることがある。
そのチャンスを逃さないようにしたいものです。
posted by コンカレイド at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記