2010年08月03日

ボトルネック

ボトルネック、文字通り 瓶の首 ということですが
そこだけ細くなっているという事に関連付けて

一連の作業(や工程)があるときに
ある特定の作業部分だけ 「細くなって」いて、
つまり、処理が滞ってしまっている
という事を意味することがあります。


昨日、神戸で勉強会があり、
お昼に近くのうどん屋さんで食事をしたのですが、長蛇の列で、

でもそこはさすが ジャパニーズファーストフード、
まあそれなりに列が短くなるので、
皆で行ったという面もあり、一応ガマンして列で待ってはいましたが

ふと気づくと、店内の座席は3割くらいが空きとなっていました。

つまり、もっとキチンと行列を捌けば
店内にもっとお客を呼び込めるということ。

どこがボトルネックかと思ってみていたら
レジ(計算)のところでした。

レジを2つに増やせばボトルネックは解消し、
満席までにならなくても(つまり3割の空きが全部埋まらないとしても)
お昼の売上は少なくとも2割はアップすると思われました。

列に並んでから席に座るまで約15分。
食べるのはほんの3分くらいです。


さて、私の注文は
かまたま明太子のせ(温めん、です) だったのですが

うどんを渡されてレジまでの時間がながかったので
(といっても2〜3分くらいだけど)
たま(玉子) の ねっとりうどんにからんだのが ウリ のかまたまなのに
うどんの余熱ですっかりゆで卵状態。
せっかくの かまたまの ウリ を台無しにしていました。

こういうのをみると
店長やら経営者やらの目配りの悪さをおもわざるを得ません。

経営コンサルタントという職業柄ついつい
頼まれもしないのにこういう検討をしてしまうわけですが

経営はほんのちょっとした目配りで
大きな結果の違いを生むこともある
ということのいい例だろうと思いました。

−by くろヒゲ−
posted by コンカレイド at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39954229

この記事へのトラックバック