2009年01月22日

強さという事の魅力

場所前は引退も心配された朝青龍がついに12連勝。

「攻め」の姿勢・意欲が際だっているように見えます。
なかなかこうは強くなれない。

いろいろと言われ、まあそれなりに改めるべきことも多い横綱ですが、
「強い」という事はやはり魅力です。

同種の強さである必要はないと考えますが
私も「強さ」という事を改めて見つめ直してみたい
と思います。
posted by コンカレイド at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月14日

良いものを安く

「良いものを安く」という概念は
日本では当たり前のように受け入れられている
ように思われます。

ただ、どうもこれは間違いではないのかと、
最近の貧富の格差の二極化を見るにつけても
思うようになりました。

良いものを安く売るというのは売りやすい。
買う側もありがたい。

ただ、売る側からすると
良いものを作る努力を安売りしすぎている可能性がある。

良いものを安く売っている間は
本当の豊かさは得られないのではないでしょうか。

昔は、といってもそれほどの昔ではありませんが
「いいものは高い」という考えの方がむしろ一般的
ではなかったかと思います。

本当に良いものを手に入れて、それを大切に使う
そうして、修理が必要になったら修理をして長く使う。
良いものでなければ長く使えない。

という考え方ですでした。

和服、漆器、家具、家などもそうでしょう。



「良いものを安く」という事で
本当に良いものも安く売らないと売れなくなって
日本の伝統工芸はずいぶんと廃れてきたのではないでしょうか。

伝統工芸は、基本的に職人さんの手作業です。
この人たちの生活がなりゆかなくなってしまった。
それが最近の経済格差の一因でもあるのではないか。

現代では
マスプロダクションによって、ある程度の品質のものが
安く効率的に作れるようになり、
今後ますます物を作るのに人は要らなくなってきます。

つまり、人でしかできない作業を増やさない限り
失業者は増えるのではないか。

「ロボット」の登場は西洋では歓迎されないイメージであったのは
人の職を奪うという側面に目がいっていたからですが、
それがここへ来て無視できない側面となってきている。

修理はきわめて人間的な作業です。
個々の状況に応じた対応が必要であり、熟練が要る。
職人さんへの敬意が自然に出てくるし、
バラエティのある職が用意できることで
個々人の興味の違いにも多様な選択肢が用意できる
と思います。



無論、「安かろう悪かろう」では困ります。

「安くても良い物」をつくるということは
日本の工業の強みということでこれからも維持しなくてはならない。

しかし、それと対をなす物として
「良い物は高い」という価値感を
もっともっと大切にする必要があります。

今の日本では、「高いから良い物だろう」という考えは
未だに心のどこかにあるようで、
これがゆえに却ってだまされたりもします。

「良い物は高い」というのは表現が逆なだけのようですが
頭の使い方では「高いから良い物だろう」というのとは
天地ほどのひらきがあります。
どこまで高く買ってもいいのかという判断には
ある種、「芸術品、骨董品のめきき」の能力知識が必要なのであり、
高い文化性が問われると言ってもいい。

買う側は「良い物を安く」買う意識を捨てる必要はありません。

しかし、売る側は、また国民としての文化的価値観としては
「良い物は高い」という事をもっと大事にする必要がある。

そう思います。
posted by コンカレイド at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月11日

1 2 3

ビジネスにせよ何にせよ、企画や記事など
自分なりのものを作るという作業が必要になる事も多い。

そんなときに、
良いものにしたいという気持ちは自然にでてくるもので
つい、それが故に着手までにあれこれ思い悩んだり
一旦手につけたものの何度も見直したりという事になりがちだ。

一方で、
とにもかくにも片づけろという気持ちでやっつけると
とかく「雑な仕上がり」になってしまう危険がある。

そんな時に、3段階での完成を意識すると収まりがよい。
最初から3段階での完成という事に決めてしまえば
完成までの計画も立てやすくなるし、最初の着手に力が入りすぎない。
また、枠組みが決まることで、1回毎の検討・制作に集中力も増す。

3という数字には、不思議な事ではあるが
石の上にも3年とか、三顧の礼とか、孟母三遷とか
人間にとって収まりをつける良いリズムが含まれているようだ。

ホップ・ステップ・ジャンプ という三段跳びも
この「3」による収まりと思われる。

企画も仕事も123のリズムで
ホップ・ステップ・ジャンプと行きたいところだ。
posted by コンカレイド at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

こころの段取り

いくつかの同じ様な処理を連続しておこなう必要があるとき

期限までの日にちの時間のゆとりのある時に
ある程度まとめて処理をしようとする場合と

期限までの日取りで毎日実施すべく
細切れの分量を毎日処理する場合があって、

これは多分に担当者の好みの問題もあるけれど

製造業の生産計画のように「段取り」の問題もある
と思われる。

「段取り」といっても本当に物理的な準備もあれば
「心の準備(心の段取り)」というものもある。

細切れの処理した方が着実性はあると思うし
心理的な負担も少ないはずだが
「心のの段取り」に時間のかかる人にはやりずらい方式
となる。

製造の合理化でも大きな課題の一つだけど
段取りの合理化をどうするかというのが課題になるだろう。
必要になる段取りの中身を整理してみて対策を考える
そういうアプローチをとることで苦手意識を払拭できる。
posted by コンカレイド at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月07日

原油価格の値下がりとバイオ燃料

原油価格の値下がりとバイオ燃料

小売価格も昨年の4月頃に150円前後で
夏には190円を超える地域もあったようですが
当地でも170円を超える値段であったように思います。

今は、安い所で98円の値札かな。
プリペイドカードで払うと3円引きなので
実質95円です。

原油価格は、ピーク時に1バレル150ドル近くだったのか
いまはその1/3だそうです。(50ドルを割っている)

おかげで燃料サーチャージが下がり
ハワイ行き往復で1万5千円、欧州往復で2万2千円
のダウンだとか。


それもさることながら、私の関心は
バイオ燃料の行方です。

原油高騰に伴い、バイオ燃料が採算に合うようになり
そのあおりをくらって、日本向けの大豆や小麦が減少
ということだったようですが、

さすがにこれくらい原油が安くなると
バイオ燃料より石油の方が安いはず。

この問題に対するマスコミの反応は鈍いですが
早くどっかレポートしてくれないものか
と思う次第です。

作付け時期や収穫期の関係で
まだ効果はすぐには出ないかもしれないけれど
大豆、小麦などの供給量には1年以内には余裕がでてくると思います。

畜産飼料の高騰で国内の畜産農家に影響がでて
バター不足になったりという問題がありましたが
これも緩和の方向が出てくるだろうと考えています。
posted by コンカレイド at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月05日

盗難携帯の利用制限

今朝のニュースで、

docomo、ソフトバンクの携帯が大量に盗まれて
オークションに出品されたり
犯罪に使われたりすることを防ぐために

通話用のカードを差し替えても電話機が使えないようにする

と言ってました。


なぜすぐにでもしなかったのかな…。
技術的に対応可能なことはすぐに判断できるのに。

盗まれた機体番号を登録して
そこからの通信を使えないようにする
ための ソフトウェアの開発も
それほど難しいようにも思えないのだが。

盗みの被害はショップあるいは、
携帯を製造しているメーカーの被害なので
キャリア側としては痛みを感じていなかった
からなのかもしれない。
あるいは、盗難と盗品悪用の事実を認識してなかったのか。

社会的役割・責任としてはすぐにでも対応すべき
だった事 のように思うので、
こういうタイムラグを聞くのは残念だ。

でも、
盗難から発生する機体の悪用を防ぎたい
と発想する人と、
対策を実際に打つ組織とが違うだろうから
なかなか難しいのだろうとも想う。

こういう社会的仕組みの提言と実現が
Webの仕組みを使って議論・実行できるようになると
いいと思うのだが…。
posted by コンカレイド at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2009年が皆様にとりましてよい年になりますよう
心より祈念しております。


コンサルタントという仕事は「気づき」があってナンボ
というところがありますが、
何に気がつくかというと、まずは自らの至らなさ
という事になります。
(また、そうでなくてはならないとも思います。)

そうは言っても
「至らない人間」がコンサルをするのか? 
という事になったのでは
コンサルタントの心の持ちようとしてはよろしくない。

会社の経営も同じですが、
自らの今の姿に自信を持ちつつ、
至らないところはいち早く修正をする。

この姿勢で今年もがんばっていきたいと考えています。

本年もよろしくお願い申し上げます。
posted by コンカレイド at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記