2008年11月29日

ダイヤは永遠の輝き

「ダイヤは永遠の輝き」というのは、
世界最大のダイヤモンド産業「デビアス」の仕掛けたキャッチコピーらしい。

結婚といえばダイヤの指輪というイメージの刷り込みに絶大な威力を発揮した。

映画にも積極的に自社の商品を提供した。
マリリンモンローに「ダイヤは女の一番の友達」と映画で歌わせたり
「ティファニーで朝食を」のオードリー・ヘップバーンもイメージ戦略の一環。

つまるところ、ダイヤそのものが
「人為的に作られた価値」 であるということ。

一番硬い物質として工業的な用途・価値はあるものの、
宝飾品としての値段は よく考えればまったく理解の枠を超える。

ようするに単なる「石」なんだし。

生きていくうえでなんらの必然性はない。
欲望を満たすという一点を除いて…、ではあるが。

人間が価値を与え、人間が欲望を生み出し
まさに一番人間くさい商品であるようだ。
ある種、ダイヤモンドビジネスは
「ベストセラー小説」のようなものなのかもしれない。

(by くろヒゲ・Knight)
----------------------------
以上は以下の番組を見てのお話。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=800&date=2008-11-29&ch=11&eid=33812
BS世界のドキュメンタリー シリーズ アフリカ
「ダイヤモンド・ロード」(前編)
BS1 放送日 :2008年11月29日(土)
放送時間 :午前10:10〜午前11:00(50分)

−格差を生む魅惑の輝き− 〜2007年 カナダ ケンジントンコミュニケーションズ制作〜
--------------------------------------------------------------------------------
ニューヨークのオークションでは、“ちっぽけな”宝飾ダイヤモンドに数百万ドルの値がつく。片や、産地のシエラレオネでは、ダイヤ堀りたちが朝から晩まで泥にまみれて、日給わずか数ドルに甘んじている。これほど流通の過程で価値が変わり、携わる人々の境遇が異なるのは、ダイヤモンド産業をおいてほかにはない。シリーズ前編では、ダイヤの輝きが生み出す格差の実態を浮き彫りにする。
posted by コンカレイド at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記