2007年11月10日

敵を知り、己を知る

「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」
と言います。

中国の有名な兵法書孫子「謀攻篇」にあります。
もともとの表現は「彼ヲ知リ己ヲ知レバ、百戦シテ殆ウカラズ」
の様です。



経営でもこれは言えます。ただし、敵というより
「マーケット」と言った方が汎用的でしょう。

「マーケットを知り、自社を知れば、事業はうまくいく」
というところでしょうか。

実はコンサルタントが良く使うツールにも
この考え方が織り込まれています。
SWOT分析というのですが

内部要因(自社)の強み(S)、弱み(W)
外部要因(市場など)の、機会(O)、脅威(T)
を洗い出した上で戦略、戦術を考えようということです。

兵法指南というのは、「コンサルティング」の一種である
と考えれば、

「敵を知り、己を知る」と「SWOT」分析の兄弟関係
もうなずけます。
posted by コンカレイド at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月09日

一人で考えること

中小企業では、特に経営者は、
一人で悩むことが多いと思います。

これは、ひと事でもない。
コンサルティングをやっていてもよくある。

そうして、誰か共に議論をできる人がいればなぁ、と実感します。

「イイ人(いいひと)」に恵まれての議論は実に生産的です。

私は、コンサルタントとして、
その「イイ人」になりたい。
そう思っています。
posted by コンカレイド at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記